スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

大根の千枚漬け

kumoritokidokihareParis max.28℃ / min.17℃

ヌメヌメ、ネバネバしたものって体に良いってよく聞きますよね。納豆、おくら、山芋、なめこ、などのヌルネバの正体はムチンという物質で、体の粘膜を保護してくれる他、インフルエンザ予防にもなるそうです。
一方、メカブ、モズク、昆布などの海草のヌルネバはフコイダンというもので、免疫力を高めてくれる他に、ガン治療の効果にも注目されているそうです。
日本人って体に良いものばかり食べてるんですね。こんなストレス社会に暮らしながらも、平均寿命が長いのもヌルネバのおかげ?

日本では当たり前のこれら食品も、海外に暮らしていると貴重品。ヌルネバ系の『すべりひゆ』が簡単に手に入るギリシャの人たちが、本当にうらやましい限りです。
フランス人は一般的にヌルヌル、ネバネバしたものが苦手なようで、フランス風の食事をしている限り、ヌルネバには殆どお目にかかりません。なので、ソフィは意識して毎日の食事に少しずつ取り入れるようにしています。

今日のヌルネバの正体は『昆布』。
お漬物を時々漬けてはアペリティフのお供にしているソフィのお気に入りは、「千枚漬け」。といっても蕪ではなく大根を使用。大根のシャキシャキ感と昆布の滑りがマッチしてとても美味。
小型の一夜漬け器が一つあるとすごく便利です。

20060414053642.jpg<材料>
大根 400g
塩 大さじ1
水 1カップ
昆布 10cmぐらい
酢 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 小さじ2
赤とうがらし1本

にほんブログ村 トラックバックテーマ 健康は食事から・・・へ
健康は食事から・・・

スポンサーサイト
レシピ07.12(Wed)18:45コメント(0)トラックバック(1)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。