スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

ブルターニュの週末

hareParis 17℃

短かった夏の最後を飾るのは、再びブルターニュです。
さすがに海は冷たく、ちょっと泳ぐには勇気が…、そこで友人と『小エビ釣り』に興じることになりました。

この小エビはフランスでCREVETTE GRISEと呼ばれ、海の幸の盛り合わせ(ASSIETE DE FRUITS DE MER)やアペリティフでおなじみのエビです。
crevette_grise引き潮の前後1~2時間が最高の『小エビ釣り』タイム。早速人数分のエビ釣り網(POUSSEAUX)を倉庫からかき集め、この日の引き潮時間に合わせ、11時30分にいざ出発! 海岸では大人も子供も網を片手に、すでに多くの人が釣りに専念していました。
砂地をすくうようにして網を持ち上げると、ピチピチ跳ねる小エビが! 約2時間で友人3人と収穫したエビは、この日のアペリティフとして、見事食卓にのぼりました。

crevette_griseエビをさっと洗い、塩を加えた湯で3分ほど茹でれば、超簡単アペリティフの出来上がり。
頭を取ってから食べる人がほとんどなのですが(たぶん頭のイガイガが気になるのでしょうね)、私は丸ごとパクッ! 小エビとは言えども、しっかりエビの香りが口いっぱいに広がって、海辺で過ごす贅沢さを感じるひととき…。もちろんカルシウム分もばっちり補給です。
茹でただけの簡単アペリティフでも十分おいしいのですが、きっとかき揚げにしたら、おしゃれな和食にも変身しそうですね。

にほんブログ村 トラックバックテーマ フランスへ
フランス
スポンサーサイト
気分転換08.28(Mon)10:27コメント(2)トラックバック(1)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。