スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

Pastilles de Vichy

hareParis 30℃

週末VICHYに行ってきました。VICHYのあるAUVERGNE地方はフランスの中心部に位置し,VOLVIC、St.YORREなど、美味しい水の産地として有名。

20060726050346.jpg中でも、VICHYにある幾つかの湧き水には、それぞれ効用があるので、街にはこの温泉を利用した2つの大きな静養施設もあります。この静養施設には病気治療(主にリュウマチ、消化器障害)目的の滞在の他に、日頃の疲れを忘れ、心身のバランスを取り戻す、『BIEN-ETRE』のための滞在プログラムもあるそうです。
ミネラルソルトとオリゴエレメント(生命の維持に必要な微量元素)が豊富なこのVICHYの湧き水は飲料のミネラルウォーターとしてだけではなく、化粧水などコスメティックにも利用され、フランスでは自然派化粧品としてVICHYシリーズが人気ですが、日本では買えないようですね。残念。

でも、フランスでVICHYと言って、すぐ思い浮かべるのが『パスティーユ』(Pastilles、ラムネ風のタブレット)。このVICHYの鉱水から作られたタブレットはスーパーでは飴のコーナーに置かれていますが、元は消化を助ける薬として売られていたもの。ソフィも、薬を飲むほどではないけれど、ちょっと食べ過ぎたかな?と思うときに舐めてます。
今ではフランスならどこでも簡単に買えるパスティーユですが、折角VICHYに来たのだから、とお菓子屋さんに直行。
箱入り、缶入りなど、色々あったけれど、大好きなVICHY柄(小さい格子柄)の小さい袋に入ったものを購入。パリへの帰途の車の中で早速パクパク。お口の中もすっきりです。

にほんブログ村 トラックバックテーマ フランスへ
フランス


スポンサーサイト
気分転換09.11(Mon)14:13コメント(2)トラックバック(0)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。