スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

野菜のパテ

hareParis 24℃

フランスでパテというとお肉やお魚のものが多く、レストランのオーソドックスなメニューでも豚バラ肉とレバーで作った田舎風パテ(PATE DE CAMPAGNE)は定番。でも前菜にはちょっと重い感じ。
そこで、今日はまたまた愛用の『TOFU, SOJA et CAMPAGNIE』のレシピで、豆腐と野菜のパテに挑戦。
レシピを見ている限りでは、ちょっと想像のつかない味だったので、一度作ってみたかったのですが、パテのように作ってすぐ食べられないものは、ついつい後回しになってしまうのです。でも、今日はちょっとやる気になったので、朝から張り切って作ってみました。
本当は冷ましてから食べるものなのですが、待ちきれずに焼き上がりを試食したところ、あまりにも淡白でちょっとがっかり。ところが、ちゃんと冷めたものを食べてみると、味が落ち着いたらしく、噛めば噛むほど野菜やナッツのほのかな甘みや軽い苦味がジワっとしみ出てくる美味しいパテに変身してました。

毎度のことですが、材料が揃わなかったので少しアレンジしています。元のレシピではカラスムギ(AVOINE)のフレークを使っているのですが、なかったのでキヌアフレークで代用。ひまわりの種とクルミも入れてみました。

<材料(20cm角型1個分)>

20060912221824.jpg豆腐・・・200g
豆乳・・・100ml
マッシュルーム・・・150g
玉ねぎ・・・2個
人参・・・1本
キヌアフレーク・・・80g
ニンニク・・・1片
卵・・・2個
炒り白ゴマ・・・大さじ2
ひまわりの種・・・大さじ2
クルミ・・・大さじ2
オリーブオイル・・・大さじ1
パセリ(みじん切り)・・・カップ1
バジルの葉・・・5~8枚
塩・胡椒・・・適宜

スポンサーサイト
レシピ09.20(Wed)16:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。