スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

秋の味覚《CEPE》

haretokidokikumoriParis 14℃

この時期、フランスの家族の話題は『きのこ』です。
挨拶代わりに『きのこの収穫はどう?』から会話は始まります。それぞれ住んでいる地域が違うので、収穫するきのこも違ってきます。

cepe1.jpgソフィも去年まではその会話に積極的に参加できたのですが、週末家事に終われるようになってから、秋の楽しみの一つを失ってしまった感じでちょっと寂しいですが、仕事を選んだからには、全部を望むのは無理ですね。

でも、マルシェでフレッシュなCEPE(セップ)を見つけました。日本ではイタリアのポルチーニ茸として知られているようですが、フランスでもセップは大人気。きのこの王様として一目置かれている存在です。

南に住む義姉は今年はセップが見つからないと言っていたので、私が買ったものはハンガリーなどからの輸入品かもしれませんが、とにかく新鮮そうだったので良しとします。

cepe2.jpgセップには色々種類があり、値段もピンきりです。
セップは大きいものでは傘の直径が20cmに及ぶものもありますが、私が好きなのは、赤ちゃんセップ。土からニョキっと顔を出したばかりのものです。
マルシェでもしっかり小さいものを選んでもらい、早速調理しました。
レシピも生クリームを使ったもの、スープなど色々ありますが、ソフィが一番好きなのは単にソテーしただけのもの。

CEPEについている土をナイフでこそげ落としたら、濡れ布巾で丁寧に拭きます。水洗いは禁物!
スライスする厚さは好みによりますが、私は比較的厚めにスライスします。

スポンサーサイト
食材10.18(Thu)21:39コメント(6)トラックバック(0)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。