スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

ブルグールのピラフ

kumoriParis 3℃

寒いです・・・この分だと今年はホワイトクリスマスかなぁ。
この寒さを乗り切るには、しっかり、がっつり食べないといけません。

最近ちょっとご無沙汰していたブルグール
今日はサッパリ味のピラフが食べたくなったので、早速冷蔵庫と相談。
冷蔵庫からはマッシュルーム、冷凍庫からは剥き海老とさやいんげんに参加してもうことにしました。

実は最近までピラフってフランス料理だと思ってたんです。でも元はトルコ料理だったんですね。
頭の中で、ピラフ=お米の方程式が成り立ってる人って沢山いると思いますが、ブルグールを使ったピラフってとっても美味しいんです。
私はどちらかというとブルグールのピラフの方が好き。食感もいいし、お米では出ない味が出るんですよ(表現力不足で、ちゃんとした説明になってなくてすみません・・・)。

私は主食の炊き込みご飯感覚で、またまた適当に作ってしまいましたが、本来はお肉などの付けあわせとして食べるようです。
この主食ピラフも美味しいけれど、本格的なトルコのピラフを食べてみたい方は、いつも美味しいお料理を紹介してくださっているnyaotanさんのレシピを参考にしてくださいネ。


<材料>(2人分)

pilaf.jpgブルグール・・・カップ1
玉ねぎ・・・1/2個
ニンニク・・・1片
剥き海老・・・100g
マッシュルーム・・・20個
さやいんげん・・・80g
オリーブオイル・・・大さじ3
水・・・1・1/2カップ
固形チキンブイヨン・・・1個小麦粉・・・大さじ2
パルメザンチーズ・・・適宜
パセリのみじん切り・・・適宜
スポンサーサイト
レシピ12.14(Fri)19:11コメント(8)トラックバック(0)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。