スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

ブルターニュの夏休み

kumoriParis 18℃

homard「食べれるもんなら、食べてみぃ!」と言わんばかりの強面のこの方、ブルターニュオマール君であります。真っ赤になっているのは怒っているからではありません。茹でる前はこんなにおしゃれな青紫色で、『世界最高級』と言われるだけのことはあるのです。

短い夏休みを例によってブルターニュで過ごしたSophie、最後の夜の食卓に、〆にふさわしいブルターニュオマール登場です。地元とは言え、やはり普段はお高い食材なのですが、市場で聞いたところ、何とラッキーなことにこの朝は大漁!ちょっと奮発して、小ぶりのオマール(650gくらい)を一人一匹購入と相成りました!!
こんな風におしゃれにするのももちろんグッドですが、今回はシンプル・イズ・ザ・ベスト。茹でるだけしましたが、そこは大事なオマール君、義理父が運んできてくれた海水で茹でる、という入れ込みようで、これで美味しくないわけありません。フランスらしくマヨネーズも食卓に上りましたが、この日は誰一人として手を出す人がいませんでした。

pepciこちらはオマケの写真。オマールに熱中する私たちを横目に、昨日のカニスープの生き残りとたわむれるペプシ君。不思議な動きをするカニに興味津々のようで、においを嗅いでは鼻でツンツンつっついたり、何とも微笑ましかったです。
ちなみに、カニはその夜海に返してあげました。
スポンサーサイト
気分転換09.07(Sun)17:43コメント(6)トラックバック(0)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。