スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

PINK MARTINI

ameParis 22℃

題を見て、カクテルの紹介記事かと思った方は『ブッブー』です。今日はアルバムのご紹介。

待望の『PINK MARTINI』の三枚目のアルバム『HEY EUGENE !』 が発売になったので早速ゲット。

このアメリカのグループ、日本ではあまり知られていないようですが、フランスでは数年前に車のCMに使われた『Sympatique』で一躍有名になりました。

♪Je ne veux pas travailler, je ne veux pas dejeuner, je veux seulement oublier et puis je fume…(働きたくなんかない、ご飯も食べたくない、ただ忘れたいだけ、そして私は煙草を吸うの)っていうフレーズは、その当時フランスに住んでいた人ならきっとご存知のはず。その当時、ソフィもいつも口ずさんでました。

このグループは独自の曲もあるのですが、特徴としては色々な国の曲をリメークしているところ。ラテンあり、ジャズっぽいものあり、ハリウッド映画の曲あり、シャンソンあり、日本の歌謡曲ありでメチャメチャな選曲のようにも思えるのですが、これが不思議、違和感なくすらっと聴くことができて、尚且つ心地よいのです。

一度だけコンサートに行ったことがありますが、ボーカルのChina Forbesの心地よい歌声に酔いつつ、最前列の席でピアニストのThomas M. Lauderaleの丸っこい手が魔術師のように鍵盤の上を踊っているのをじ~っと見つめていました。
コンサートの余韻がずっと残り、嫌なことも全て忘れ、本当にピンク色のマルティでほろ酔い加減になったような幸せな気分が続いた一晩でした。

*
日本の曲に関しては、一枚目の『SYMPATIQUE』には美輪明宏の『黒蜥蜴』。二枚目の『HANG ON LITTRE TOMATO』にはマヒナスターズの『菊千代と申します』。そして今回のアルバムにはいずみたく作曲、山上路夫作詞の『タヤタン』という曲が収められています。
メンバーにThimothy Nishimotoという日系人がいるので、彼の選曲なのかも知れませんね。ちょっと意表を突く選曲です。

今回のアルバムの最後には『Tea for two』が収められているのですが、China Forbesの他にこのグループでは聞きなれない別のボーカルが参加しているので、誰かな?っと思っていたら、なんとJimmy Scottでびっくりしてしまいました。
Jimmy Scottは男性なのですが、聴いているだけでは女性ジャズシンガーだと思ってしまう不思議な声の持ち主。確か既に80歳を過ぎているはず。今も現役で歌っているなんて素敵です!

このグループに関しては、言葉では説明しがたい部分が多いので、もし良かったら皆さんも一度聴いてみて下さい。

スポンサーサイト
気分転換06.08(Fri)11:49コメント(0)トラックバック(0)Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

   Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。