スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

#375 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

joliemamさん、続けてコメントありがとうございます。

ロマネスコは単に飾りなので、このスープにはなくても全く問題ありません。
ロマネスコ自体は殆どカリフラワーと同じような調理法。
見つかったら、ロマネスコスープも作ってみて下さい。(ちょっと勿体無いか・・・)
ホースラディッシュは日本ではローストビーフを買うとついてきますよね。余ったらスープに入れてみては如何でしょうか?
2007.11.24(Sat)00:24|Sophie編集Top↑

#372 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

暖房の欠かせない暮らしになっていて、このスープは是非頂いてみたい一品ですが、ロマネスコは知りません。食材を探してみてのお楽しみと言うところです。作り方は納得、写真拝見だけで涎ものです。大きなスーパーに出かけてみます。
2007.11.23(Fri)11:26|joliemam編集Top↑

#371 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

nyaotanさん、こんにちは。

フランスでは、ロマネスコは数年前から普通のスーパーでも頻繁に見かけるようになりました。

今までは野菜の出番はもっぱらサラダでしたが、こう寒くなるとやっぱりスープに勝るものはないですね。
キャロット、じゃがいも、ブロッコリー、カリフラワー、ポワローと毎日食材を変えて楽しんでいます。簡単ですもんねぇ。
ホースラディッシュはじゃがいも、ポワローとの相性も良かったですよ。
2007.11.22(Thu)00:38|Sophie編集Top↑

#370 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

ロマネスコってかわいらしい野菜ですねーー。
言われてみると、日本でも大きなスーパーで売ってますが、まだ買ったことも、食べたこともありません。。。
国が変わると、食材もいろいろあって楽しいですね。

冬になって、あったか系を体が欲しているのが、私も分かります!
カリフラワーのスープ、美味しそうですね!
2007.11.21(Wed)21:39|nyaotan編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

ameParis 4℃

最近病み付きになっている食材がRAIFORTホースラディッシュ)。
めっきり寒くなったせいでしょうか・・・体があったまりそうなRAIFORTをガンガン料理に使ってしまいます。
20071003215509.jpg生のRAIFORTにはあまりお目にかからないので、市販の瓶詰めのものを使ってます。

今まではドレッシングにはディジョンマスタードを使っていたのですが、今はもっぱらRAIFORTに鞍替え状態です!ポテトサラダなどには以前から使っていたのですが、普通のドレッシングにも合うんです。

今日は真冬のような寒さだったので、もっと体を温めようということで、カリフラワーのスープに投入してみました。体がポカポカしてきます。ただ入れすぎるとスープ自体の味が分からなくなってしまうので注意!万が一入れすぎてしまった場合は、翌日に食べることをお勧めします。ホースラディッシュの辛味は即効性なので、一日置くと殆ど消えてしまいます。

白くてちょっと寂しい感じなので、CHOU ROMANECO(上の写真)を薄く切って飾ってみました。
フランスではカリフラワーは『CHOU FLEUR』と呼びます。日本で『花キャベツ』って言うと全く別物ですが・・・ CHOU ROMANESCOの方は日本では単に『ロマネスコ』って呼ばれているみたいです。

<材料>(4人分)

20071003215528.jpgカリフラワー・・・1個
玉ねぎ・・・小2個
摩り下ろしホースラディッシュ・・・10~15g
水・・・1ℓぐらい
バター(マーガリンでも可)・・・大さじ2
固形スープの素(チキン味)・・・1個
牛乳・・・1/2カップ
塩・胡椒・・・適宜
ロマネスコ・・・4房
イタリアンパセリ・・・適宜

*プチフランス語講座
CHOU・・・キャベツ
FLEUR・・・花
*
<作り方>

1)カリフラワーは洗って小房に分け、蒸し器で10分ほど蒸す。
2)鍋にバターを溶かし、薄切りにした玉ねぎを焦げないようにじっくり炒める。(時間がない時は、水を少し加えると早いです。)
3)1)のカリフラワーを鍋に移し、玉ねぎと混ぜ、塩・胡椒をする。
4)かぶるぐらいに水を加え、沸騰したら固形スープの素を入れ、弱火で10分ぐらい煮て冷ましておく。
5)ミキサーで滑らかになるまで良く混ぜ、鍋に戻し牛乳を加える。(牛乳の量でスープの濃さをお好みで調節してください。)
6)ホースラディッシュをスープをかき混ぜながら少しずつ加える。
7)ロマネスコを薄く切り、イタリアンパセリと共にスープの上に散らす。
スポンサーサイト
レシピ11.18(Sun)23:23コメント(4)トラックバック(0)Top↑

#375 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

joliemamさん、続けてコメントありがとうございます。

ロマネスコは単に飾りなので、このスープにはなくても全く問題ありません。
ロマネスコ自体は殆どカリフラワーと同じような調理法。
見つかったら、ロマネスコスープも作ってみて下さい。(ちょっと勿体無いか・・・)
ホースラディッシュは日本ではローストビーフを買うとついてきますよね。余ったらスープに入れてみては如何でしょうか?
2007.11.24(Sat)00:24|Sophie編集Top↑

#372 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

暖房の欠かせない暮らしになっていて、このスープは是非頂いてみたい一品ですが、ロマネスコは知りません。食材を探してみてのお楽しみと言うところです。作り方は納得、写真拝見だけで涎ものです。大きなスーパーに出かけてみます。
2007.11.23(Fri)11:26|joliemam編集Top↑

#371 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

nyaotanさん、こんにちは。

フランスでは、ロマネスコは数年前から普通のスーパーでも頻繁に見かけるようになりました。

今までは野菜の出番はもっぱらサラダでしたが、こう寒くなるとやっぱりスープに勝るものはないですね。
キャロット、じゃがいも、ブロッコリー、カリフラワー、ポワローと毎日食材を変えて楽しんでいます。簡単ですもんねぇ。
ホースラディッシュはじゃがいも、ポワローとの相性も良かったですよ。
2007.11.22(Thu)00:38|Sophie編集Top↑

#370 RAIFORTとCHOU FLEURのスープ

ロマネスコってかわいらしい野菜ですねーー。
言われてみると、日本でも大きなスーパーで売ってますが、まだ買ったことも、食べたこともありません。。。
国が変わると、食材もいろいろあって楽しいですね。

冬になって、あったか系を体が欲しているのが、私も分かります!
カリフラワーのスープ、美味しそうですね!
2007.11.21(Wed)21:39|nyaotan編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

   Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。