スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

キヌア入りヨーグルトケーキ

kumoriParis 11℃

久しぶりにケーキを作りました。
今まではカロリー、コレステロールを意識して、バターや卵を使わないケーキばかりですが、久しぶりにオーブンから漂ってくるバターの香りが嗅ぎたくなり、いつもに比べるとカロリーの高めなケーキになってしまいました。でもたまにはいいですよね。

20070614154808.jpgそれでも、ヨーグルト酸味のお蔭であっさり、しっとりの焼き上がり。

参考にしてたレシピはこちらですが、小麦粉120g、キヌアフレーク30gの割合で作ってみました。

前回キャロットケーキを作った時は、控えめにしたキヌアフレークもたっぷり入れてみました。
見た目には分からないけれど、食べてみるとあまり自己主張はしていないキヌアのつぶつぶが美味しい!

美味しく食べて、朝からヨーグルト、キヌアで必須アミノ酸も補給。
一日の元気がもらえそうなケーキです。

レシピ11.04(Sun)22:50コメント(2)トラックバック(0)Top↑

ノワゼットペースト

kumoriParis 18℃

大分前に日本でゲットしたヘーゼルナッツペースト。いつ出番が来るのか・・・とじっと戸棚の中で待機してくれてましたが、漸く日の目を見ることになりました。

ヘーゼルナッツの栄養価を調べていた時に見つけたサイトから、ずっと気になっていたレシピに挑戦してみました。

20071003221058.jpg見た目はすご~く美味しそうだったのですが、ちょっと味の想像がつかず、おっかなびっくりの挑戦だったのですが、期待は裏切られませんでした。

この料理のポイントは摩り下ろしたレモンの皮。
ちょっとこってり風の料理なのですが、レモンの皮で軽やかなレシピに変身。オレンジの皮でもいいかも知れません。

鶏は煮込んだ状態で既に大満足の美味しさ。これだけでも堂々と食卓に登場できる一品です。
お手本のレシピよりちょっとクリームっぽくなってしまいましたが、次回は自分でペーストから作ってみようと思ってます。

久々に『BON APPETIT !』と言える出来あがり。トルコ・ヘーゼルナッツ協会様、ありがとうございました。

余談ですが、パリの空港のファーストフード店で、世界各国の言葉で食事の前に言う表現が書かれた紙のランチョンマットを見かけました。大方どこの国でも『良い食欲を』と言う意味の言葉が使われています。でも何故か日本語でもカタカナで『ボナペティ』と書かれていました。やはり日本語では『召し上がれ』にして欲しかったです。
レシピ10.25(Thu)22:24コメント(2)トラックバック(0)Top↑

お野菜たっぷり炊き込みご飯

ameParis 21℃

すっかりご無沙汰してしまいました。

夏休みが終わったのを機会に、長年の専業主婦生活にピリオドを打ち、社会復帰しました。
それは良いのですが、生活の変化からすっかり疲れ果て、帰宅後にコンピューターに向かう気力すらありませんでした。
でも、漸く新しい生活リズムにも慣れてきたので、週末はボチボチ料理も再開したところです。更新もなかなか出来ないと思いますが、どうぞ見捨てずに、時々遊びに来てくださいね。

買い物はもっぱら週末に。1週間に1回の買い物に、ついつい買いすぎてしまう野菜たち。このまま冷蔵庫で枯れさせてしまうのはもったいないので、久々に純和食の炊き込みご飯を作ってみました。
フランス料理にはこういった残り物を利用できるレシピがなかなかなく、すぐに思いつくのはパンペルデュくらい。残り物でもちゃんとした一品ができてしまう和食レシピに、「さすが日本食だ!」と思わずにはいられませんでした。

冷蔵庫の片隅に申し訳なさ気に残っていたニンジンとさやいんげんに、友人からのおみやげの貴重なひじき、そしてサイコロ揚げ豆腐も加えて、コクもばっちり! ついでに途方にくれていたクルジェットを和風に煮てみたりしました。フランスにいることを忘れてしまいそうなメニューに、ソフィは大満足。

takikomi<材料>(4人分)
米 カップ2
にんじん 1/3本
さやいんげん 10本程度
木綿豆腐 1/5丁
乾燥ひじき 10g弱
だし カップ1と2/3
しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ3
塩 小さじ1/3
レシピ10.02(Tue)18:42コメント(9)トラックバック(0)Top↑

クルジェットの冷製スープ

kumoriParis 23℃

以前クルジェット(ズッキーニ)のポタージュをご紹介しましたが、これからの季節に向けて冷製バージョンを作ってみました。

作り方はほとんど同じなのですが、今回はヨーグルトの酸味を効かして爽やかな仕上がりになりました。
酸味の苦手な方はヨーグルトの代わりに、生クリームや絹ごし豆腐を使ってもいいかもしれません。

冷たいスープなので、透明のグラスに入れれば、綺麗な薄緑色のオシャレな前菜としても活躍してくれそうです。
今日はまだ育ちきっていないバジルの葉を飾ってみましたが、暑い日にはミントの葉を飾って爽やかさを演出するのもいいかもしれません。


20070523201600.jpg<材料>(4人分)

ズッキーニ・・・大きさにより2,3本
オリーブオイル・・・大さじ1
水・・・カップ・・・3
固形チキンブイヨン・・・1個
ヨーグルト・・・大さじ5
塩・胡椒・・・適宜


盛り付けに失敗してちょっと泡がたってしまったので、うすい抹茶みたいですね!

*私がバカンスモードに入ったのが悔しいのか、コンピューターもバカンスを要求しているらしく、最近かなりご機嫌斜めです
アップがますます不規則になりそうですが、見捨てずに時々遊びに来てくださいね。
レシピ08.13(Mon)12:17コメント(3)トラックバック(0)Top↑

具だくさん冷奴

hareParis 20℃

豆腐好きのソフィにとって一番美味しい食べ方は夏は冷奴、冬は湯豆腐、なのですが、皆さんはどうですか?
かつお節やしょうが、みょうが等々、薬味も極々シンプルにすれば、お豆腐の美味しさが断然引き立ちますよね。

hiyayakkoお豆腐と言えば、いつもなら『SOYWONDER』の出番なのですが、あいにく肝心の大豆をきらしていたため、自然食品店の絹ごし豆腐を利用することにしました。しっかり大豆の味がする日本のお豆腐にはかないませんが、のど越しの良さはなかなかのものです。
残念ながら味わうほどのお豆腐ではないので、ちょっとトッピングに工夫を凝らして、和洋折衷風の冷奴にしてみました。
一品料理にもなるように、トッピングも鶏肉と赤玉ねぎ、味付けはバルサミコ酢を使って、ボリュームもばっちりですよ!

にほんブログ村 トラコミュ 豆腐・豆乳・大豆製品へ
豆腐・豆乳・大豆製品
レシピ07.20(Fri)21:34コメント(3)トラックバック(0)Top↑

オム・サラザン

ameParis 17℃

なんだか急にオムライスが食べたくなったけれど、あまり時間がなかったので、ご飯を炊くのはNG。
オム・ブルグールにしようなと思ったのですが、最近ブルグールばかり食べてるなぁと思い、なかなかフランスの食事では摂れない『ルチン』を摂取するために、そば米を使った『オム・サラザン』(『そば』はフランス語で『SARASIN』)を作ることに決定!
このところカルシウムが不足している感があるのでアマランサスも入れてみました。

そば米特有のぬめりアマランサスのプチプチ感、そして半熟の卵がなかなかい感じ。でも、ヌメリ物が苦手なフランス人には受けが悪そう。でもヌメリ物は体にいいので、どんどん食べて欲しいです。

omsarasin.jpg<材料>(1人分)

そば米・・・カップ1/2弱
アマランサス・・・大さじ1
海老の剥き身・・・大き目のもの3尾
玉ねぎ・・・1/4個
グリンピース・・・カップ1/2弱
マッシュルーム・・・2個
オリーブオイル・・・大さじ2
塩・胡椒・・・適宜
卵・・・2個
牛乳(豆乳でも可)・・・大さじ1
デミグラスソース(ケチャップでも可)・・・大さじ3

レシピ07.09(Mon)13:25コメント(2)トラックバック(0)Top↑

肉団子のトマトソース煮

kumoriParis 17℃

もうすぐ7月だというのに、皆冬服を着ているパリです。
長いことお日様も見ていません・・・ちょっと気が滅入る今日この頃。そんな時は食べるに限る!ということで、暑くなったらあまり活躍しないオーブンを使うことにしました

野菜がメインの料理が多いソフィ家ですが、今日は久しぶりにお肉がメイン。

肉団子をトマトソースで煮たものですが、ソフトで美味しいので頻繁にリピートしている一品です。
いつもは肉団子に人参の摩り下ろしを入れているのですが、ちょっと腱鞘炎気味なので、今日はフードプロフェッサーを利用。やっぱり摩り下ろした方が滑らかで、食感もいいですね。
つなぎに卵は使わず、代わりにパン粉とヨーグルトを使用しました。
味は、クミンが入っているので、ちょっとアラブっぽいです。

普段は普通の鍋でトマトソースと一緒に煮込むのですが、今日はジャガイモも一緒に調理したかったので、オーブンで焼きました。

<材料>(2人分)

boulette.jpg牛挽き肉・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
ニンニク・・・1かけ
人参・・・小1本
パン粉・・・大さじ3
ヨーグルト・・・大さじ3
クミン・・・小さじ1
塩・胡椒・・・適宜
オリーブオイル・・・適宜
<トマトソース>
完熟トマト・・・2個
トマトペースト・・・大さじ1
赤ワイン・・・1/4カップ
玉ねぎ・・・1/2個
ニンニク・・・1かけ
パプリカ・・・小さじ1
ローリエ・・・2枚
塩・胡椒・・・適宜

レシピ06.28(Thu)10:34コメント(2)トラックバック(0)Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。